夕闇の季節

トップ ダウンロード サンプル 攻略 おまけ

キャラクター裏設定


氷室 等 (ヒムロ ヒトシ)

菊川警察署の警部補であり、特務課に所属。
明晰な頭脳を持ち、銃の腕前もかなり立つ。

怪異に対する知識は専門家に比べると疎いが
適切な状況判断能力と勘の鋭さで死線を潜ってきている。


姫野 美琴 (ヒメノ ミコト)

怪異の影響を緩和する姫野家(呪術師)の末裔。
前作の『怪異症候群』以降、姫野の血の影響を強く受けた結果、
怪異そのものを弾く程の強い免疫体質となった。

本人は逆に力がなくなったと思い込んでいたが、
高木に真実を聞かされ、そこで氷室の力になろうと決意する。


神代 由佳 (カジロ ユカ)

幅広い呪術とその力に特化した神代家の末裔。
本人はもう二度と怪異や呪術と関わるつもりはなかったが、
運悪く今回の事件に巻き込まれる。
それが第二の怪異症候群の始まりでもあった。

その後の彼女は、色々苦難も多いだろうが
呪に特化したその力を良い方向へと使っていくだろう。


加賀 剛 (カガ ツヨシ)

新聞記者であり、オカルトジャーナリスト。
今回の事件では比較的大人しくしていた。

前々から個人行動に走り、捜査の邪魔をするなどして
特務課にこっぴどく叱責を受け、それがトラウマになっている。


霧崎 翔太 (キリサキ ショウタ)

某大学で講師を務める民俗学者。
加賀と違い、その知識や能力を特務課から認めてもらっている。

未知の怪異に対し、たまに捜査協力をすることがあるようだが、
おまけ(加賀)も付いてくる。


神代 春子 (カジロ ハルコ)

前作で起きた凄惨な事件の生き残りの一人。
春子自身、まだ気付いていないが実は姉以上の潜在能力を持つ。

目に見えないさやかの気配を感じ取ったり、
コトリバコに触れてなお、平然としていられる
その血の強さは底知れないと言えるだろう。


コトリバコ

前作の旅館に封印されていた箱。
八人の犠牲を成したハッカイであり、非常に危険な代物。

氷室によって地中深く埋められたあとは、
長い年月を経て細かく分解され、土へ変わり果てるだろう。


中島 三枝(ナカジマ サンシ)

新S区の住人。
S区に纏わる怪異に対し非常に怯えている。

××××に取り憑かれ、自我を失った彼は
電柱に頭を強く打ちつけ死亡した。


怪異B

元・新S区の住人。
××××に追い詰められこのような姿に成れ果てた。

怪異Bのように、S区特有の霊感が強い者が怪異化すると
第二、第三の××××と化す。


××××(名称不明)

裏S区特有の怪異。憑依タイプ。
エレベーター前で氷室に取り憑こうとするが、
着物の少女の守護で未遂に終わる。

怪異Bと戦ってる間も氷室の周囲を纏わり付いていたが、
結局、最後まで氷室の自我を奪えることはなかった。
最後に空き地まで追い詰められた××××には、
物に取り憑いて攻撃する稚拙な手段しか残されていなかった。


着物の少女

氷室が小さい頃、一緒に遊んだ女の子。
お姉さん的な存在。

壊されるはずの祠から出て、そのまま氷室に付いていった。
第二の怪異症候群の後は、氷室の行く末を案じ成仏した。


田邊 孝一(タナベ コウイチ)

元・特務課のボス。
人情深く、彼に集まるその人望は高い。

氷室には特別、捜査のイロハを叩き込んでいる。
とある怪異を追っているところを負傷し、殉職した。


八尺様

某地方で封印が解かれていた邪神。
菊川市で起きた第二の怪異症候群につられて正体を現すも
その間にある道祖神によって行く手を阻まれた。

小暮が事前に八尺様の情報を掴んでいたとしたら
こうなる事態も把握してたのかもしれない。


高木 健二(タカギ ケンジ)

特務課に所属。ネクタール。
虚実を巧みに使い分け、着実にホシを追い詰める捜査のプロ。
十代の頃、ある事件を境にネクタールの施設へ送られそこで過ごす。

現在は上の指令で特務課に潜入しているが
彼の態度や行動を見る限り、組織に忠実に動くような人間ではなく、
どこか一匹狼な気質が見て取れる。その本心は本人以外に知る術はない。


中川 良助(ナカガワ リョウスケ)

特務課に所属。エイチエム。
単独で捜査することが多く、各方面に顔が広い。
その情報収集能力は組織が認知してる以上に高く、危険極まりない。

彼は高木の素性を把握していたが、
組織争いの火種にならないよう最後まで牽制し合っていた。


金森 雛子(カナモリ ヒナコ)

特務課に所属。
二十歳前後と思われるその若さからして、
特務課に入った経緯もかなり特異なものとなっている。

実は日本唯一「正統」な巫女の血を引く金森家の娘で、
呪術を生業とする姫野家や神代家とは対極の存在となっている。
(今回は尺のせいもあり出番が少なかった)


小暮 紳一(コグレ シンイチ)

第二の怪異症候群の元凶を作った人物。
彼自身の過去が原因で、怪異に対して非常に冷徹な一面を見せる。
(春子に対し驚く素振りを見せたのは、誰かと重なっていたからか)

最初から全てを利用するつもりで、
特務課とエイチエムから独り立ちする際に
氷室から銃を奪ったのも「ほんのついで」に過ぎない。

その後の彼は、私立の探偵事務所を設立。
加賀とはたまに連絡を取ってるようだ。


物部天獄 (モノノベ テンゴク)

邪教の中の邪教である天魅教の教祖。
呪い代行で大金を稼ぐなど作中随一の腐れ外道。

リョウメンスクナの一部を研究材料として提供することで
ネクタールから支援を受けている。
彼の潜伏先である菊川カラーはネクタールの旧・アジトだったが、
呪い代行を依頼したエイチエムの人間によって居場所を特定された。


両面宿儺 (リョウメンスクナ)

人間を用いた蠱毒から生まれた呪いの産物。
その影響力は日本全土を揺るがす程のものである。

スクナ本体に戦闘能力はないものの、
呪の媒体としては最強クラスだろう。


ゆんゆん

全てが謎の存在。
不安定な次元の狭間から、ひょんと出てきたらしい。


----Copyright (C) 2008 サイト名. All Rights Reserved.design byhappy style----

inserted by FC2 system